ノートパソコンとデスクトップパソコンの最大のメリットとは

パソコンを購入する場合にはノートパソコンかデスクトップパソコンかの選択で悩む場合があります。

パソコンを選ぶ場合にはまずはそのパソコンを使って自分が何をしたいのか、またそのしたいことを実行できるパソコンのスペックはどの程度必要であるのか決める必要があります。

とはいっても、パソコンを使って何がしたいのかがはっきり決まっていない場合やある程度の多様な目的で使用したいということも多いでしょうから、全体的な使い勝手と自分の好みで購入することになります。

 

ノートパソコンの最大のメリットはデスクトッパソコンと比べて小さいことで、パソコンを持ち運びする必要があるという場合には、ノートパソコンを選択することになります。

基本的にノートパソコンは持ち運びして外出先でも使用可能なような仕様になっています。

 

デスクトップパソコンの最大のメリットはノートパソコンと違いコストパフォーマンスが高いということとなります。

同じようなスペックであれば、間違いなくノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が安いということです。

 

基本的にデスクトップパソコンは動かさないので、拡張性も高くなっていることが多いのもデスクトップパソコンのメリットでしょう。

ノートパソコンと比べると広い場所が必要ではありますが、昔のようにブラウン管のモニターではなくなり、液晶のモニターとなっていますので、かなりの省スペースが実現されています。