スティックPCの有効な使い方とは

スティックPCは見た目はほとんどUSBメモリーと同じようですが、その見た目とは違って立派なパソコンです。まだ発売されてからそれほどの時間は経っていませんが最近ではかなり知られるようになってきましたし、店頭でも販売されていることも珍しくありません。

 

大きさはUSBメモリーを一回り大きくしたような大きさで、USB端子ではなくHDMI端子がついており、このHDMI端子をモニターに接続することでパソコンとして使用することができます。もちろんスティックPCだけではパソコンとして利用することができないので、モニターとキーボードとマウスは別途必要となります。

 

しかし、携帯するのには小型のノートパソコンなどと比べても圧倒的に便利なのもあり、利用先でモニターとキーボードとマウスがあれば自分のパソコンとして利用できるのです。

 

スティックPCのメリットはそれだけではありません。最低限の機能だけを搭載したスティックPCでは価格は1万円を切るモデルもあるという安さである程度の機能を搭載したスティックPCでも2万円台程度の価格となっているので、サブパソコンをして利用しやすい価格設定です。

 

ただし、価格が安いということは高性能のCPUやスペックを搭載していないということも意味しているので、あまりヘビーなパソコン作業には向いていません。外出先でもできるような比較的ライトな作業やインターネットを経由した作業に向いていると言えます。