ビットコインの特徴と利用方法

ビットコインは、目で見て触れることができないインターネット上における現金に変わる代用品と捉え、現金やその他の方法でコインを入手し、そのコインを活かすか無の仮想通貨にするかは、自分の腕次第と言えます。

 

ビットコインは個人取引であるので、個人が経営している自営業者のようなものです。銀行のように組織もなく、責任者や仲介人も存在しないので、失敗におけるリスクは高いですが、売買するタイミングを見図らなければ、最高に有利になる仮想通貨です。安い金額でビットコインを購入し、高い時に売りに出します。

 

その差額の金額が儲けになるので、タイミングを逃した場合は無価値なものになりえます。

 

我が家は素人の私は利用していませんが、元銀行員で現証券会社勤務の父が利用しています。

 

父はその分野に詳しいのでよいですが、素人は内容を理解するまでに時間がかかるので、本を読んだりネットで調べて内容を把握したうえで、長期保有をする場合は安い時に少額購入し、少しずつ買い足していく形をとってリスクを減らし、短期売買をする場合は少しでも価格が高騰すればすぐに売って、安い時に買うことを繰り返すことをお勧めします。

 

スマホやパソコンで度々チェックするマメさが重要です。スマホで取引できることは便利です。ビットコインは2009年に誕生してまだ年数が浅く、日本では政府が「通貨ではない」とまで言い切った過去もあり、世間に認められていないことから認知度は低いですが、インターネット上では今後発展が期待できるという声も高いので、少額で利用して使用に慣れておけば、未来的に良い運用に繋がるのではないかと考えます。