ゲーミングチェアを選ぶならクッションと姿勢に合わせた調節が出来るかが重要

ゲーミングチェアを選ぶ時に重要になるのは、まず腰と首部分のクッションがあるかと、リクライニングの角度・アームレストの高さが調節できるかどうかです。

 

椅子に座って画面を見続ける場合、体の中で特に負担がかかるのは座り続けることで血行が悪くなる腰と、画面を見やすい角度に調整し維持し続ける首になります。

 

体重を背もたれに全て委ねることで腰痛や肩こりは軽減しやすくなりますが、クッションがあれば軽減効果がまし、腰痛や肩こりを起こしにくくなるでしょう。

 

背もたれの角度と、アームレストの高さ調整が出来るかどうかは、ゲーミングPCでコントローラーとマウス・キーボードを使い分ける場合には特に重要になります。

ゲームをする時の姿勢は人によって違いますが、コントローラーで操作するゲームと、マウスとキーボードで操作するゲームでは、同じ人でも姿勢は変わりがちです。
ゲーミングPCの場合、一つのジャンルしかしないとしても、ゲームをする時とPCとして利用する時で姿勢が変わることが多いでしょう。

 

そのためにも、背もたれのリクライニングと、アームレストの高さは調整できるものを選ぶべきです。

 

背もたれのリクライニングを姿勢に合わせた角度に調節できなければ、特定のゲーム中は上手く体の負担を軽減できなくてゲーミングチェアを買った意味が薄れます。
アームレストの高さが合わず使用できないなら、腕を肩の筋肉で支えることになり、肩こりが起こりやすくなるでしょう。

 

長時間のゲームプレイには肩こりと腰痛がつきものであり、ゲーミングチェアはその軽減に役立ちますが、負担を軽減するためのクッションと、姿勢に合わせた調整が出来なければ、期待したほど高い負担の軽減効果は発揮できません。