高い負荷を与えても、高いパフォーマンスを発揮するスペックを搭載したパソコンがおすすめ

クリエイターにとって必要なパソコンのスペックとしては、第一に、高いビジュアル処理能力を持っていることが必須です。写真や映像、イラストを制作したり加工するためには欠かせないスペックです。

まず、パソコンの基本スペックともいえるCPUは、インテル® Core™ i7-8700 プロセッサーを搭載していることが望ましいです。レンダリング処理やRAW現象の書き出しといった高い負荷を与える場面でも、高いパフォーマンスによって短時間で作業を行うことが可能です。動作周波数も大幅に向上しており、仕事をするにあたってストレスを感じることがありません。

また、グラフィック・アクセラレーターはGeForce RTX™ 2060が搭載され、ビデオメモリは6GBであることが望ましいです。GeForce RTX™ 2060は、最先端のアーキテクチャを採用しており、超高速に微細化を実現します。そして、解像度は 3,840×2,160まで対応可能であり、発色数は1600万色を超えるスペックが必要です。

さらに、メモリの標準容量としては16GBが望ましく、最大容量は64GBがあれば申し分ありません。それに加えて、ハードディスクの容量は2TB、ストレージは240GBあれば、クリエイター業務をするにあたっては満足できるスペックといえます。
他には、動画処理をするにあたってはサウンド機能も重要です。スペックとしては、ハイデフィニション・オーディオであれば十分といえます。

これだけのスペックが揃っていれば、クリエイターとしての仕事に集中することができます。