コスパを考えて宣伝するならまずはリスティング広告からがおすすめ

商品を揃えて手続きを行い、サイトも作って準備万端。

いざ開業してお客様を待つだけという段階になっても肝心のお客様が来ないことで、閑古鳥が鳴いているお店は少なくありません。

 

誰でも簡単にお店を開けるからこそライバルも多くなりますし、だからこそ競合他社に埋もれてアクセス数が稼げないお店も多くなります。せっかくいい品物を並べていても、目に留めてくれるお客様がいなければ注文に繋げることができないのです。

 

そこで大切なのが宣伝活動。

そのためのネット広告の利用になりますが、初めて行う場合にはいくつかある中で費用も安め、取り掛かりやすい「リスティング広告」を行うのがおすすめです。

 

ネット集客で幅広く用いられている検索連動型の広告で、文字通りにユーザーが関心を持って検索した単語と連動、検索結果に関連しているサイトを表示させるという宣伝方法になります。

 

つまり、宣伝したい通販サイトの取扱商品などに関わる単語を登録しておいて、その単語を調べたユーザーに対してYahoo!やGoogleなどの検索サイトの広告欄に情報を表示させられます。単語に興味を持ったユーザーのニーズに合っていることもあって誘導に繋がり、集客率アップを期待できるというものです。

 

もちろん、多くのサイトが広告を出しているので掲載順位の優劣もありますが、これまでよりも飛躍的に多くの人の目に留めることが可能になります。広告にかかる費用は入札形式ですが、安ければ数千円程度からです。広告文も自由に作成できるので、手軽に始めてユーザーの動向をチェックしてみてください。